知覧茶の今を伝えるイベント「隣のお茶は、青い」開催レポート。

52
知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

鹿児島県南九州市茶流通対策協議会が2月18日、東京・原宿で現代の日本茶ブームを牽引している日本茶カフェ・レストランオーナーに対して、知覧茶の今を伝えるクローズドイベント「隣のお茶は、青い」を開催しました。

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

当日はご招待した12組が集まり、日頃交流することのない生産者とカフェオーナーが活発に意見交換をする、非常に有意義な場となりました。

知覧茶とは?

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

市町村単位でお茶の生産量第一位を誇る、鹿児島県南九州市の「知覧茶」。その一方で、関東圏における知覧茶の知名度が低いのが現状です。

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

首都圏から遠く離れた鹿児島県は、茶産地においては恵まれた環境下にありますが、流通に関しては決して好立地とはいえません。今回、一大茶産地として現状を打開すべく、エンドユーザーではなく、新しい形で日本茶を提供している方々に伝える運びとなりました。

イベントの目的

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

「ともにつくる、新しき知覧茶」を合言葉に、産地の生産者と来場者とのアイデアの共有や交流などのコミュニケーションを重視しました。

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

また、16種のあらゆる煎茶品種と、紅茶、ギャバ発酵茶、烏龍茶、抹茶などの茶種を自由に試飲実験してもらい、知覧茶のファンになっていただくことを目指しました。

当日の様子

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

ご来場いただいた方からは、「日頃聞けない栽培に関することを生産者から聞けて勉強になった」「気になるお茶を自分の手で淹れることができて楽しかった」といった感想をいただきました。

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

加えて、実際に「南九州市に足を運び、産地の視察をしたい」「今回試飲した茶種・品種を自身の店で取扱したい」という声を多数いただきました。

イベント概要

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

  • イベント名:「隣のお茶は、青い」
  • 日時:2019年2月18日(月) 14時~17時
  • 場所:東京都・原宿「THINK OF THINGS」
  • ポイント:
    ・業界初となる、茶産地が首都圏に出向き、関東の日本茶カフェ・レストランオーナー限定12組へ向けてクローズドイベントを実施。
    ・茶産地に暮らすU30の茶業技師、プランナー、デザイナーとの公民連携チームで企画運営。
    ・多様な16種の南九州市で生産された知覧茶を試し、産地の生きた情報・学びを得ることができるイベント。
    ・日本茶カフェ・レストランオーナー同士の交流の場としても機能するイベントとして構成。

今後の方針

知覧茶イベント「隣のお茶は、青い」

今回のイベントでつながることができた首都圏の日本茶ニューカマーの方々との縁を大切にしながら、次年度以降、他の産地とは異なる、知覧茶独自の企画を実施します。

知覧茶公式サイトはこちら >> https://www.chirantea.com/?lang=ja

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here